おんたいむ

CD売ってゲームしてスポーツしてた人の雑記。今は宝石触ってる。

対バンを見ないバンドマン?

f:id:calmlottev46:20180425192643j:image

 

ここ最近SNSでバンドマンが「対バン見ないバンドはクソ」みたいな発信をよくしている。

 

自分も元々バンドマンだったのだけれど解散して以来、ライブハウスでギターを弾いたことはない。趣味でお家でジャカジャカ弾くくらいになってしまった。

 

 

離れてしまうと情熱や興味も薄れてしまうもので、いまのライブハウスで流行っているジャンルなんて皆目見当も付かないし、足を運ぼうとも思わない。ライブハウスって高いですしね、チケット代。ドリンク代も含めて。

 

 

 

自分が現役でバンド活動をしていた頃は周りも含めて、冒頭に述べた様に「対バンは見るべき」って言う暗黙の了解と言うか、マナーがあった。

 

 

控え室で携帯弄ってライブ会場に現れないバンドが居れば、ホールで自分のお客さんと喋って知らんぷりのバンドも居る。

 

 

演奏している側からすればもちろん気分は良くないし、単純に『おもしろくない』。

 

 

でも、正直に言ってしまえば。

僕も興味もない対バンの演奏を待ち時間の30分も見てられない。心の片隅に「対バンを見るという最低限のマナー」があるから、対バンの演奏を2〜3曲聴いたら控え室に戻っていたしお客さんと喋ってたし。

 

もちろんそこで格好良かったら30分フルで見れるのだけど、プロでもないバンド達の荒い楽曲に惹かれることってそれほどないのです。

 

 

 

で、冒頭の話。

 

これは我々も『マナー』として根付いているからある程度はそれに従うけれど、既に触れた通り我々の時から見ない人は見ないのである。いくら格好良い演奏をしようと関係ない。

 

 

だって、演奏しに来てるだけで対バンと仲良くなりに来たわけじゃないから。

 

お客さんを作る為にライブハウスで演奏をしているのだから。

 

 

 

ライブハウスって1日にだいたい4〜6バンドくらいが持ち時間30分くらいで代わりばんこで演奏するのだけど、それをメンバー全員で頭から最後まで見ていてお客さんが増えるかって言うと、まず増えません。

 

対バンと仲良くなったらその仲良くなったバンド達は次回のライブに足を運んでくれるかもしれないけれど、それはお客さんではない。

 

もちろん自分たちが良い演奏をしたから、純粋に「また見たい!」の気持ちを持って足を運んでくれる人もいるかもだけど。たいていは、「自分たちが行ったから、あなた達も今度我々のライブに来てね」である。

 

 

まぁこれはあくまでも『ブッキング』での考え方であって、『イベント』に呼ばれた場合はなるべく見るべきと思います。持論。

 

イベントにお呼ばれしたバンドマンの繋がりはいつかどこかで良い思いをさせてくれるかもしれないですから。大きな集客にもなる可能性ありますし。

 

 

 

 

うん。

見てほしいのは分かるけど大きな声で駄々をこねるのは違うと思ったというお話。

 

ましてやステージ上でボーカルがアルペジオ弾きながら「俺たちバンドマンの前に人間だから」とか言うMCは要らない。

 

 

 

君の不細工なワガママでフロアにいるお客さんの耳を汚すなよ。