おんたいむ

CD売ってゲームしてスポーツしてた人の雑記。今は宝石触ってる。

ヲタクに恋は難しいが難しい。

f:id:calmlottev46:20180422183014j:image

 

 

友人のお家にお邪魔しました。

 

一通りゲームをしてご飯も食べて、さてどうしようと言うタイミングで友人がおもむろにAmazonプライムを開いて、「何かアニメでも見よう」と。

 

 

トップページに大きく現れた『ヲタクに恋は難しい』。

 

友人と比べると僕はアニメはとことん疎くて、『けものフレンズ』や『おそ松さん』程度であればちゃんと見たことはあるけれど、それ以外のアニメはからっきし。

この作品はどうやら今季から始まったアニメらしく、タイトル的にも流行りを汲んだ雰囲気を感じる。好き嫌いが大きく分かれそうだなと覚悟しながらとりあえずこの作品を見ることに。

 

オープニングアニメが始まってまず、軽快な音楽。

 

 

「Sumikaだ。」

 

一発でそれと分かるミュージカル調のハッピーな音楽。

 

某CD屋で働いていた経歴もあり、流行りの音楽にはそれとなく敏感だった僕は当時まんまとSumikaにハマりひたすらにギターをコピーしてました。ライブは一度しか行っていないけれど、好きだったなぁ。

 

f:id:calmlottev46:20180422182036j:image

Sumika

一番有名かな?

 

 

 

そんなSumikaの華麗な開幕宣言により始まった、アニメ『ヲタクに恋は難しい』。

 

 

 

主人公の女の子が、前の会社で出来た彼氏に自分がオタクであることがバレたことによりフラれてしまい心機一転、転職。するとその転職先の会社に同じくオタク仲間である男の子と偶然にも再開。オタク話に花を咲かせるも、再び転職先の人たちにオタクがバレるのではないかとヒヤヒヤしながら過ごす。

 

みたいな事かなと言うのが見たままの印象。

 

印象があやふやなのはこのアニメ、残念ながら僕も友人も開始数分で「ハズレだ」と感じ、半分を見終わった後に見切ってしまったのである。

 

 

某CD屋で働いていた時にアニメCD担当の先輩から、「アニメを見るときはまず3話まで見ろ。それで面白くなかったら見切れ。1話で見切るな。」と有難いお言葉を頂戴していたのですが、これは無理でした。本当に無理。生理的に受け付けない。

 

オタク部分を面白おかしく描いているわけでもないし、恋愛要素も特に感じない。主人公の女の子が「元カレはイケメンだった」と言うのも痛々しいし、オタクだからフラれたというエピソードもギャグでも真面目でもキツい。

 

どこの部分にスポットを当てても中途半端だし、その中途半端さが見ていて居た堪れない。

 

アニメ化している以上はある一定数の人気があって、ある程度の計算が出来ると踏んで企画されている筈なんだけど個人的には合わない。全く合わない。

 

 

ノイタミナ枠なのに作画も雑ですしね。

Sumika、ハズレクジを引いたのではないのかなとなんだか心配になります。

 

 

ただ、その後に見せてもらった『ヒナまつり』と言うアニメは面白かったのでいいお口直し?お目を直し?にはなりました。

 

 

 

 

 

今後、『ヲタクに恋は難しい』が『けものフレンズ』レベルで大逆転の面白さになるなら見るのでその時はどなたか教えてください。

 

よろしくお願いします。