読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音泰夢

好きな音楽だったりなんだったりについてつらつらと語るだけのモノ。

スピッツ 『SPITZ JAMBOREE TOUR 2016 "醒めない』

音楽 雑記

 

f:id:calmlottev46:20170202143848j:image

 

僕はスピッツが好き。

スピッツが好き、という人はたくさんいるし、逆にスピッツが嫌い、という人は僕は見たことがない。国民的バンドのくせに、ここ数年は長く大ヒットを記録した作品があるわけではない。けれども、音楽性は高く評価されていて「ああー、やっぱりスピッツはいいなぁ」ともはやスピッツフィルターなるもので、彼らの曲は結局「いい曲」になる。オイシイ立ち位置にいるバンド、スピッツ

僕は、スピッツが好き。

 

 

 

「今年、スピッツが久しぶりにアルバムをリリースする」。そんな一報を聞いて飛び跳ねました。

 

タイトルは、『醒めない』。

 

後日公開されたジャケットイメージには、不思議な犬みたいな生き物が寝てる。

「醒めない、ってこの生き物がかな?」とか考えたら、収録されている曲名を見て、「子グマ子グマ、ナサケモノ、モニャモニャ、ハチの針、こんにちは…。スピッツらしいけど、手抜き感も否めない…」

 

スピッツに対する期待と「どうせスピッツだからいい曲ばかり」という安心感、それに比例して募る「ベテランが故に遊び倒しててワケワカランアルバムだったらどうしよう」という不安。

果たして迎えた発売日に聴いた新作は、スピッツ史に残る大名盤なのでありました。

 

 

そんな『醒めない』を携えて開催されたスピッツのツアー。自分の誕生日に自分の地元でスピッツがライブを行う神がかったツアースケジュールを見て、初めてスピッツのライブに参加することを決意。今までは少しだけ神格化されていた彼らのライブ、「見たいけど見たくない。好きだからこそライブが良くなかったら幻滅しそうだし自分のスピッツ像を崩したくない」等と拗らせていましたが、もはや迷いはなかった。

ツアースケジュール発表、そして誕生日にスピッツが地元でライブ。その瞬間に彼女に即連絡。二つ返事でオッケー。彼女もスピッツが好きでよかった。

 

 

非常に長い枕でしたが、端的に言えばライブは超最高でした。まだまだツアーは続いているので、曲目や演出等の記載はしませんが、超最高。彼女は一曲目で泣いていたらしい。わかる。

 

僕も泣きこそはしなかったけれど、音源以上に広がりがある草野マサムネの歌声と、丹念に作り込まれた三輪テツヤのギターサウンド、暴れまわりながらも要所要所ポイントとツボは抑えてくる田村明浩のベース、正確無比のリズムと体全体で曲に起伏とグルーヴを作り表情を持たせていく崎山龍男のドラマ。

 

…何が「ライブが良くなかったら幻滅」でしょう。彼らは音源ではなく、ライブバンドでした。

そりゃ盛り上がってみんなで大合唱したり、暴れ回るような曲はない(あったとしてもファンの年齢層的に暴れないと思いますが)けれど、こんなにも安定して澄み切った空間を終始作ることが出来るのか、と。

声も楽器もピッチがぶれないで、新旧様々な楽曲を時間たっぷりに繰り広げるベテランの姿な、ただただ感動。感服。

 

予定調和に盛り上がりを義務付けられた様な最近の若手バンドとは確実に世界が違う、正真正銘の「天才」のライブに心打たれ、まんまとファンクラブに入会する始末でございました。

 

誕生日にスピッツのライブを見る。

それも好きな人と一緒に見る。なんて素晴らしい誕生日だったんだろうかと。

『醒めない』が自分の中で非常に特別な作品になりました。

 

 

みんな、スピッツ聴こう。

そして、ライブに行こう。

 

任せろ 醒めないままで君に

切なくて楽しい時をあげたい

 

 

 

 

 

醒めない(通常盤)

醒めない(通常盤)